このエントリーをはてなブックマークに追加

カラーリングの内容

ずいぶん昔から今まで日本人は黒髪でいた方も、徐々に髪の毛を染めるということがポピュラーになり今ではほとんどの方が髪の毛を染めるということがファッション的になりされている方が多いと思われます。
髪の毛を染めるこれをヘアカラーと言いますが、このヘアカラーをするにあたって様々な種類や方法などがありそれに伴い髪の毛へのダメージや色持ちなども変わってくるのです。
あまり知られていないこちらを少しご紹介したいと思います。
コストダウンを考えプラス自分の空いている時に行える・わざわざ何処かへ行く必要がなくて済むそんな時に活躍するのが市販で売られている、染め剤です。
こちらのヘアカラー材は確かにいい利点で見るととても魅力のある商品に見えますし、どんな発色になるかもヘアーサンプルが置いてありますので好みの色をチョイスできるということもありますけれど、美容で考えとってみるとこちらの商品は通常サロンへ行くとトリートメント効果が混ぜられているので髪は少しでも痛まないようには基本されているので、安心できますが市販の場合ですとそのようなトリートメント材が混ぜられてないので染め終わりから1週間、2週間と日にちが経つにつれ髪のダメージが目に見えてくるほど傷んできてしまいます。
なので、出来ればあまり使用しないもしくは使用したとしてもアフターケアーをきっちりとしないといけない様です。
では、髪に優しいヘアカラーはどのようなものがあるのでしょうか、使い続けることで髪にハリやコシが戻りダメージを与えないそんなヘアカラー剤があります。
その商品名はヘナという商品になります。
ヘナという言葉を聞いたことがある方もいらっしゃると思いますが、髪にダメージがなく使い続けるたびに髪の毛が元気になる商品はぜひ使いたいという方もいるのではないでしょうか、ただどんな商品にもメリットそしてデメリットは存在します。
ヘナのメリットは確かにいいことがたくさん言われていますけれどヘナには匂いがあります。
その為、この匂いが取れるのに数日ほど時間がかかることがありますのでその点を考慮して生活を送る必要性があるかもしれないということがまず言えます。
次に、準備や染める時間がかかります。
なので、手早く終わらせたいと思われている方は不便に感じるかもしれません、このような感じでデメリットはあるものの商品自体は良い物になりますのでどこまで妥協するかがポイントとなります。
Search
Navigation
Copyright (C)2017慎重に・・・美容グッズの選び方.All rights reserved.