このエントリーをはてなブックマークに追加

ネイリストとは

洋服と同じくらいのファッションとして特に最近注目を上げている体の一部はどこだと思いますか、それは爪先になります。
ネイルサロンに一度行くとデザインにもよりますが最低でも、5千円ほどの金額はかかると思います。
もちろんこれは標準ではなく、使用している材料やデザインの内容などにより値段は変わりますがこの5千円以上の金額を毎月支払うとなるとかなりの出費になるかと思います。
もちろん、サロンに行くことにより自分へのご褒美もしくはリラックスなどの名目があり通われているのであればそれはそれでいいと思います。
ただ、専業主婦の方やあまり金銭的にサロンにお金をかけづらいと思われている方はとても安いサロンに行くかもしくは、ネイルをすること自体を諦めるかこの様なパターンになることが多いようです。
なので、最近は美容にお金をかけていたものを少しでも自分でできればと思う方が増えてきておりネイリストになる方もしくはネイリストを目指す方が年々増えているようです。
ネイリストになるためにはネイル専用のスクールに通うあるいは、自分自身で独学での勉強をする二通りの方法があります。
ネイルスクールに通うと、もちろん費用がかかり安いスクールから高い金額のところも金額はまちまちです。
教えていただける講師の方も、上手な方法で分かりやすく教えてくれる方もいれば教えることは教えるけどあとは自分の力で頑張りなさいというところもあり様々なスクールの方針もしくは教え方がありますので、自分に合う教え方そして環境が一番ベストと言えると思います。
ネイル業界にはNPO法人が設置されておりJNAという日本ネイリスト協会があります。
この、JNAが認めたネイルスクールをまずは探すといいと思います。
協会が認めたスクールであればネイリストを育成できる認定講師という方がいるので、検定を受けられる方にとっては尚更認定講師がいるスクールに通われたほうがいいです。
ネイリストになるために、基本40時間以上の時間を授業取得しないとネイリストいう区分にはならずネイリスト専門の問屋に入店することも出来ないので問屋でのお買い物なども含めると最低40時間以上のコースを取得する必要があります。
そして、検定というものがあり3級から1級・最近流行っているジェルネイルのジェル検定が初級・中級・上級があります。
その他にも、いくつか検定がありますがこれらの検定を取得されているとなお自信を持ってネイリストと言えます。

近頃良く聞く美容の情報はここのホームページでチェック

Search
Navigation
Copyright (C)2017慎重に・・・美容グッズの選び方.All rights reserved.